ラス・ティールーム

rasuthi.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

バラ一輪   向こうが丘遊園にて(旧)

 
c0073016_0211993.jpg


More  お別れ
[PR]
by yayoigaoka72 | 2009-10-31 23:44

 山の仲間が集う

              山岳会は創立50年になる。
私が入会して20年その頃は会員3千人いたが現在1千人になった。
中高年の登山ブームが少し治まったのか、いくつもの山の会ができたこともあると思う。
先日25日会員全員参加のお祭りがあった。・・といっても町のお祭りのように華やかなものではない。いくつものグループが色々なコースの山を歩き午後から会場に集まってくるのである。
毎年会場は変わるが今年は彼岸花で有名な巾着田であった。彼岸花 コスモスの花も終わり
静かな巾着田に雨模様のこともあってか300人が集った
1年ぶりにあう仲間も、つい先日山を歩いた仲間もお互いの無事を健康を確かめ合い、本当に楽しいひとときである。80代90代の先輩の矍鑠としたお姿に頭が下がった。
合唱 ホークダンス 今年は地元の和太鼓保存会の子供たちが特別参加してくださった。
[PR]
by yayoigaoka72 | 2009-10-29 01:43

タマリバー50キロ 

             タマリバー50キロを歩く
タマリバー50キロ・・私は昨年までこのようなウォーキングロードがあることを知らなかった。
東京都と神奈川県を流域に持つ多摩川。その川岸のサイクリングロードは、ロードレーサーの練習場として、また近隣住民の散歩やジョギングコースとして広く利用されています。さらにその内、北側の河口から50㎞余の区間は「たまリバー50キロ」という愛称がついています。
今回は立川から調布まで16キロを歩きました
秋たけなわ、真っ青な空ウォーキング日和でした
c0073016_2394830.jpg

c0073016_23103463.jpg

c0073016_23224786.jpg

c0073016_23145881.jpg

c0073016_2326024.jpg

c0073016_0414379.jpg

c0073016_0421053.jpg

c0073016_0433041.jpg

c0073016_023152.jpg

  今回は海まで28キロ地点まで歩いた。程よい疲れと気分爽快であった
  あと2回で海まで・・来年になります。さてどんな風景が・・楽しみです
[PR]
by yayoigaoka72 | 2009-10-29 00:44

栂池自然園

10月9~10日お仲間と北アルプスの栂池自然園に行ってきました。
栂池自然園は雲上の高層湿原です。大糸線の白馬駅で下車をしふもとの栂池高原駅からパノラママイウェイにのっていっきに1900メートルの栂池自然園につきます
湿原は一周5,5Kの木道を歩くことができます。春から夏には沢山の花々が咲きそして秋の草紅葉も美しく又私は2~3月雪の頃にはスノーシュー歩きました。
いつもは麓のペンションヴィバルディに泊まるのであるが、早朝の写真を写したいとのこと、自然園に隣接する栂池ヒュッテに泊まった
自然園の後ろには3000メートル級の北アルプスがそびえ、近くには白馬三山が美しく眺めることができます。私たちが行った前夜初冠雪があったと、本当に美しい!!と喜びました
          
c0073016_15423811.jpg

早朝ヘッドランプをつけ薄暗い自然園の中へ、白馬岳ははっきりと眺めることができた。  
昨夜からの雨もあがったようで、日出を待った。五時半ごろから山々が明るく赤くなりはじめた。
私の手元は暗く、カメラの設定もままならず、
   白馬三山・・左より白馬槍・杓子岳・白馬岳・・モルゲンロート??・・
   かってあの山々を縦走したことを思い出させてくれた。
           どの写真もクリックすると大きくなります
 
c0073016_22481971.jpg


                 白馬岳の朝焼け
c0073016_22421927.jpg


                白馬槍 杓子
c0073016_22501083.jpg

c0073016_235199.jpg


c0073016_16103812.jpg

晴天は朝のみで雨がしとしと降り出した。朝食後又自然園の中へ
虹がかかったがすぐ消えてしまう。すぐ目の前に虹が・・大喜びでした
c0073016_2312860.jpg

自然園でとても目を引くダテカンバの白い幹が大変うつくしいです。
写真が上手に写せず本当の美しさをお伝えできないのが残念です

c0073016_14469.jpg

自然園の中には沢山の池塘があり夏にはまわりには、わたすげが大変美しい
          なぜか写真が青くなってしまったが。
c0073016_0591490.jpg

c0073016_21473742.jpg

c0073016_18352565.jpg

今年の紅葉は1週間ほど早く中腹まで下りてきていた
下りを途中下車して写しました。霧がかかり小雨の降る中を・・・
c0073016_0234624.jpg

c0073016_21171898.jpg
c0073016_2119124.jpg

c0073016_2317185.jpg

[PR]
by yayoigaoka72 | 2009-10-15 16:54

上高地から乗鞍ヘ &関西へ

        その2  大阪から京都へまわる
上高地から帰り2日後大阪の姉のところへ、帰路京都に途中下車をする。
昨年はちょうど紅葉の季節、人々であふれていたが、・・・
古都は変わらず人々で賑わっていた。
限られた時間・・少し遠いかなと思いながら大原の三千院に足がむいてしまった。
紅葉には早いが苔が美しいときいていたので、地下鉄バスを乗り継いで・・・
真っ青な空のお出迎え、すがすがしい気分になった
          三千院
c0073016_150062.jpg

c0073016_1745681.jpg

c0073016_0314211.jpg

c0073016_1504573.jpg

c0073016_1752736.jpg

 
c0073016_2226294.jpg

c0073016_22313484.jpg

                 宝泉院
c0073016_23295040.jpg

 宝泉院ではお庭を眺めながらお抹茶をいただいた。紅葉の季節になれば、
 さらにお庭も引き立って美しいことでしょう  
限られた時間気持ちが焦り気味です。実光院に参りコスモス畑が美しいと聞きそちらに向かう
山間の田園風景 コスモスは棚田の一角に咲いていた。途中門前町で良い匂い・・昼食を食べていないことに気がつく。ゆっくりもできないし、店先でおだんごをいただいた。
c0073016_23482715.jpg

c0073016_2349374.jpg

本当にあわただしい。バスと地下鉄を乗り継いて京都駅に着く。新幹線に乗る時間まで1時間半あまりある。観光案内所に。このくらいの時間で行かれる所は?と聞く。さ~??すぐ近くの東本願寺
がきれいになりましたよとおっしゃる。考えて見れば初めてかも知れない。
中に入りお参りをした。しばらく畳の上に座って大勢のお坊さんのお教に聞き入った。
c0073016_0194260.jpg

  
         その1 
 上高地から乗鞍岳登山
9月29日上高地散策30日乗鞍ヘの登山の予定であったが、夜半からの大雨で中止をした。
熊騒動があったが、紅葉がちょうど美しいとの情報に残念であった。
3年ぶりに訪れた上高地  北アルプスへの玄関口とあって、アルプスへ登る人帰ってきた人
お互いにお帰りなさい、お気をつけて行ってらっしゃいと声をかけ合ったものである。

数年前いちえ会の皆様と若葉が美しくにりん草が咲く上高地を訪れたものである。
今回は河童橋からの美しい穂高の山々を眺めることはできなかったが、霧のかかった上高地も
すてきでした
                  河童橋から
c0073016_1281041.jpg

c0073016_746360.jpg

                 明神橋への散策
c0073016_0584988.jpg

c0073016_1403685.jpg

 2日目は夜半からの雨音に目がさめる。
朝4時起きして、もしかしたらモルゲンロートを期待したのであるが、・・・残念
松本の街を散策することにした
                モルゲンロート
 三年前穂高に向かう途中氷壁の宿に宿泊した、早朝明神岳が朝焼けに染まった。
写真よりも空はうす暗く山はもっと赤かったように思う
c0073016_1359289.jpg

             松本にて
信州は私の故郷であるがなかなか訪れることが少ない。
山に行く時はあわただしく乗り換えのところである。松本城は息子たちと訪れたことがあるが
おいしい信州そばをいただいたあと松本城に向かう
c0073016_1454597.jpg
c0073016_146382.jpg

    
[PR]
by yayoigaoka72 | 2009-10-08 01:54
line

   


by yayoigaoka72
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31