ラス・ティールーム

rasuthi.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

神代植物園のバラ園

昨日久しぶりに深大寺のバラ園を訪れた。
急に思い立ったので、短時間だったが大変楽しかった。
花は少し盛りは過ぎたかしら・・でも楽しい一時だった。

    皆さんの美しいバラの写真に誘われて、私もここにのせてみよう。
c0073016_232315.jpg

c0073016_23235414.jpg

c0073016_4432053.jpg

c0073016_2133972.jpg

c0073016_214862.jpg

c0073016_2255596.jpg

[PR]
by yayoigaoka72 | 2006-05-31 23:13

楽しい日々

                  ○ 清掃登山
     
今日は丹沢の大山へ、地元の町とタイアップして山行中に目にするごみを集めながら登る日であった。朝5時半起床、空模様と天気予報をきく。
外はかなりの雨が降っている。午前中50%午後は晴れてくるが、不安定で一時的に大雨・・・昨晩のリーダーの電話で明日行きますよ・・と。でも中止になった。
山に行くときは、前夜から心も体も山に向かって動き出しているのである。
すべてを詰め込んだザックをみながら、ぼんやりと時間をすごす。
美味しい新茶をいただきながら。

このところただただ気ぜわしく忙しい日々であった。今朝は久しぶりにブログをゆっくりみせていただく。とても美しくて楽しい。 
私も10日あまりのことを書きとめておきたい。

                ○帰省・・故郷は美しかった
中央アルプス・・すり鉢を伏せたような山が伊那前岳(2883メートル)・・後方に木曽駒ヶ岳(2956メートル)がある。
・・伊那の人々は木曽駒ヶ岳とは絶対?いわない。西駒ケ岳とよぶ。
  又南アルプスの甲斐駒ヶ岳を東駒ヶ岳とよぶ。・・
私は幼い頃から毎日この山を眺めて育った。高校生ではじめて登った。
新田次郎の小説’聖職の碑、は木曽駒ヶ岳でおきた実話である。
c0073016_1238333.jpg

大阪に住んでいる姉が久しぶりに帰省した。娘と息子が運転する車で。
姉は心も体もとても健康であった。女学校で県代表のバレー選手として国体に出場、高校の教師として、又読書(歴史書)が何より好きで、話が好きでこれからすばらしい老後をと思っていた。二人姉妹の私と楽しい旅行の計画もたてていた。

70歳を過ぎたころ北海道の旅先で体の異常に気がつき、それから右半身が不自由になってしまった。
幸いに話すこと、読むことの楽しみを神様は残してくれた。
それぞれに家庭を持つ娘 息子は名古屋と神戸から毎週行き手助けをしているとゆう。
そして故郷のあの山(写真)を見たいと伊那につれてきたのである。
        下の写真は中央アルプスの南部 空木岳である。
c0073016_15262723.jpg

私は度々帰省しているが、3年ぶりに帰省する姉を一人で住む兄嫁は快くあたたかく迎えてくれた。都会だけでなく田舎でも、老人家庭が増えている。
いつ自分の家庭におきるかも知れない・・いやおきてほしくないと願いながらの帰省であった。
c0073016_15524284.jpg

      美しい稲田・・向こうの山は小学生の頃遠足で登った山である
c0073016_17183289.jpg

                娘にささえられて


          ○赤城  鍋割り山 荒山の美しいつつじを求めて
赤城山とゆう名の山はなく、主峰の黒姫山 駒ケ岳 地蔵岳 長七郎岳  鈴が岳 鍋割山 荒山 といくつもの山の総称である。群馬県を代表する山である。
今回は全山つつじが美しいであろう、荒山 鍋割り山へ登る。
登山口は、大学生 小学生 私たちと同じような山の会 にぎやかであった。
鈴が岳もそうであったが、登山道のまわりは沢山のつつじがある。

1時間ほどで二つの山の鞍部にでる。ここもにぎやかである。二つの山は全山つつじである。でも今年の異常気象のせいか花見には早かったようである。
残雪が多い谷川岳の山々が美しい。スミレが沢山咲いていた。又小さな春リンドウがかわいらしかった。
c0073016_22251491.jpg

小さいハルリンドウ 八重桜 すみれ 白い花は名前わからない
c0073016_2229175.jpg

         残雪の谷川岳の山々が美しかった。
 
c0073016_275131.jpg

c0073016_285372.jpg

         10日後ぐらいには全山つつじの花が満開でしょう 
  
c0073016_2101453.jpg
             
        前方に見える山がこれから登る荒山  
 
c0073016_1552334.jpg

              木々の新緑が美しい
           
[PR]
by yayoigaoka72 | 2006-05-28 22:59

 お花がいっぱい

                 息子一家からの贈り物
c0073016_13184438.jpg

母の日にはいかれないからと、近くの花屋さんから届けてくれた。
  ”いつまでもお元気で山登りを楽しんでください”カードをそえて                 

                           
c0073016_13203886.jpg 
      新聞屋さんからの贈り物
玄関のドアの前にカーネーションがあった       
いつもご購読有難う・・・のカードをそえて。
配達のとき新聞受けの近くの花をいつもほめて
くださっている・・ありがとうございました。

       今年もサギシバが庭いっぱいに咲いた
c0073016_13445085.jpg


                  突抜忍冬
     ご近所のフェンスに沢山の突抜忍冬が咲いた。
     黄色(ダイダイ)と赤 が大変美しい。
     先日キ・ママさんから名前を教えてもらった.
     葉の真ん中から花が突き抜けていた。
    
c0073016_1353312.jpg

c0073016_10423829.jpg

      
[PR]
by yayoigaoka72 | 2006-05-15 13:58

雨の箱根路

歩こう会のハイキングは雨のため、中止になり、美術館と 
湿生花園でたくさんのお花を楽しんだ
昨年オープンしたラリック美術館はバスで仙石案内所前で下車、
2~3分のところにある。
ラリックはフランスを代表する装飾美術工芸家だそうです。
作品はとてもガラスとは思えない見ごたえのある美しいものであった。 
ガラスが宝石のようにかがやき大変美しかった。
館内はもちろん撮影禁止、外見だけでもと思ったがその頃は
どしゃぶりでカメラを出す余裕もなく1枚も写真はない

湿生花園は雨のため人出も少なく、ぬれた若葉が美しかった。
色々な花たちが咲き時間が許せばもっとゆっくり楽しみたかった。

c0073016_17241594.jpg

c0073016_14564047.jpg

c0073016_1773248.jpg

c0073016_1525611.jpg


         シコクカッコソウ(サクラソウ科)
c0073016_14501744.jpg

              ウスユキソウ
c0073016_14333844.jpg

              クリンソウ
c0073016_14483133.jpg

c0073016_14513055.jpg

            サキシラフガ ケベネンシス(ユキノシタ科)
c0073016_151792.jpg

c0073016_1533382.jpg

                センダイハギ
c0073016_1784168.jpg

c0073016_1711564.jpg

[PR]
by yayoigaoka72 | 2006-05-13 15:36

         テッセンが美しかった

                 相模原公園・麻溝公園
     この公園は数年前花博が行われた。そのとき良く整備された。
     森林浴もでき 動物と遊び お花がとても美しい。
     又大きな広場もあり休日は家族ずれで賑わう。
c0073016_13274579.jpg

           夏日とあって子供たちは水遊びをしていた
  
c0073016_14282957.jpg

    二つの公園が隣り合わせていて、連休は家族で賑わっていた
  公園の周りには沢山のてっせんがフェンスに添わせて、美しかった。           
c0073016_14404075.jpg

c0073016_16511239.jpg

c0073016_22214933.jpg

c0073016_22305683.jpg

[PR]
by yayoigaoka72 | 2006-05-07 15:39

若葉 

朝5時起床、真っ青な空にさそわれて、行く先も決めず電車に乗る。秦野のコンビニでおにぎりを買う。 さてここまできたら丹沢に登りましょうか。?それにしては靴など装備が良くないと・・丹沢はそんなに気軽に登る山ではない.
ほんとうにそのとうりである。権現 弘法山の若葉の中を歩くことにした。
c0073016_23183752.jpg

c0073016_23401243.jpg

c0073016_23473897.jpg

権現山の片隅に、男性5~6人が大きなカメラをすえてしずかにしている。小鳥が水場にくるのを、じーっと待っているのである。私も穴からのぞかせてもらった。私も写させてくださいと!!その小さなカメラでは点にしか写らないよと、おっしゃりながら私のカメラをよい位置において下さった。さて小鳥は写っているのでしょうか?
c0073016_00044.jpg

                枝の上にも一羽 
c0073016_054269.jpg

                2羽仲良く
c0073016_011328.jpg

   大山が見える・・月末には山の会でお掃除をしながら大山へ登る
c0073016_113024.jpg


     花はこんなにまとまって咲いていませんでした。さて??
     
             
[PR]
by yayoigaoka72 | 2006-05-07 01:07
line

   


by yayoigaoka72
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31